石のプラスチックフローリングのブランド構築のための3つの推進要因

中国の石材フローリング産業の発展は徐々に成熟し始めており、一部の中小フローリング会社のブランド文化構築の道も困難なペースで進んでいます。ブランド管理の構築、マーケティングチャネルとモデル、および企業の技術的才能は、私たちの将来の経済です。開発と進歩における有利な武器。ご存知のように、PVCフローリングはコイルとシートに分かれています。石のプラスチックフローリングは、特にシートを指します。構造から、主に均質コアシート、多層複合シート、および半均質コアシートに分けられます。形状から正方形素材とストリップ素材に分かれています。石のプラスチックフローリング機器は、消費者の支持を徐々に得るために主な材料として塩ビプラスチックを使用しています、これは石のプラスチックフローリングです。石のプラスチックの床は、石のプラスチックの床タイルとも呼ばれます。正式名称は「PVCシートフロア」とします。高品質でハイテクな研究開発により開発された新しいタイプの床装飾材です。天然大理石の粉末を使用して、高密度および高密度の床タイルを形成します。ファイバーネットワーク構造の堅固なベース層である表面は、数百の手順で処理される超耐摩耗性ポリマーのPVC耐摩耗性層で覆われています。これら3つの要素は、フローリング会社の社会的発展、特にブランドイメージ構築の時代にあるフローリング会社にとって不可欠な要素です。

フローリングプロバイダーは、まず第一に、アイデア、アイデア、理解を持っている起業家にとって、それに固執し、ブランド構築において強いブランド認知度を持っていると述べました。資金不足、才能の欠如、単一の製品に直面しても、私たちはチャンスをつかみ、会社の長所と短所を理解し、弱点を回避するのが得意です。

プラスチック床建設サプライヤーの専門家は、次世代の才能が会社の発展の主な原動力であると述べました。国内のフローリング市場の均質化を背景に、製品間の違いが市場競争における製品の利点を決定します。フローリング会社が長期的なブランド開発を望む場合、彼らは才能の訓練と紹介に注意を払う必要があります。

最後に、マーケティングチャネルとモデルは、フロア環境が厳しく、市場経済が低迷しているときに、企業経営が迅速かつ健全に発展するための決定的な要因です。中国の戦略の開発を差別化し、ブランドプロモーション、製品技術の研究開発能力、および関連する製品マーケティング手法への取り組みを強化します。


投稿時間:05-06-21